管理人コラム

Kei

Kei

Kei

Kei

Kei

Kei

Kei

Kei

PCの掃除をして冷却効率を向上しよう。

今年の夏は、物凄く暑かったですね!

ただ、暑いのは人間だけじゃありません。

密閉されたPCケースの中は、もはや灼熱地獄です。

熱の影響とは恐ろしいもので、PCが壊れる原因になります。

その中でも、ハードディスクは最も壊れ安い部品といえます。

.

そんなわけで、冷却ファンを増設しまくったのが右の写真です。

電動ドリルでPCに穴を開けて、高速ファンを多数装着しています。

夏場にエアコンなしで動画エンコードしたりする事があるためです。

ファンコントローラーを装備しているので、寝る時は比較的静かです。

しかし、ファン全開にするとドライヤーのような音が。。。

ただ、音量と引き換えに熱暴走でPCが落ちる事が凄く減りました。

しかし、最近また熱暴走のような電源の落ち方が発生。

1年近くPCを開けていない事を思い出したので、PCの掃除をしました。

見ての通り、ホコリだらけです。

なんというか、写真で見るよりかなりヒドい状態でした。

しかし、これでも1年程度のホコリです。

PCに詳しくない人は5年間放置とか平気でやってます。

そうなると、中でゴキブリが住んでる時もあるとか。。。

.

さて、それでは掃除をしていきましょう。

まず最初に、PCの電源コードを抜きます。

次に、電源コードが抜けた状態でPCの電源スイッチを長押し。

これでPC内のコンデンサーに蓄えられた電気が無くなるらしい。

この辺は、おまじないという事で(笑)

そしてPCのカバーを開けます。

意外と簡単な構造で、外のネジを数個外すだけ。

初心者でも、簡単に出来ると思います。

するとガバっと蓋が開きます。

初めての人は焦るでしょう。

恐らく想像以上のホコリの山です^^;

あとは掃除機でガンガン吸い込んできます。

ケーブルを切ったり、基盤に触ると壊れるので注意しましょう。

あと、うっかり濡れぞうきんなんて使わないように。

ショートして壊れるならまだしも、残った布が火災の原因になります。

ここで重要なのは、見た目を奇麗にするのではありません。

ホコリを減らして空気の流れをよくするのが目的です。

中が一通り終わったら、外側のファンの出口のホコリも取りましょう。

全部終われば組付けです。

ケーブルを挟んで切ったりしないように注意しましょう。

全部組み付けたら終了です。

もしここで、電源が入らない場合ケーブル挿し忘れが大半です。

.

車載PCの場合、環境からしてホコリが貯まりやすいと思います。

また、設置場所も狭いので熱で壊れる可能性が高いです。

「なんだか最近落ちるなぁ」と思ったら掃除してあげましょう。


作成日時:2010/10/04

管理人の車載PCコラムに戻る。